ビニールハウス部材 特許第6890194号
ビニールハウスの防虫網取付構造 特許第6899009号

よくあるご質問

Q

農業経営を始めようとする場合、どんな準備が必要ですか?

農業という生産活動を行うには、農地面積・労働力・資金などが必要です。また、農作物や畜産などの種類によっても、必要な技術力も異なります。
そのため、まずはチャレンジしたい農業の分野を明らかにし、規模感や何人体制で農作業を行うかなど、営農計画をしっかりと決めることが大切です。また、移住後に農業に取り組む場合は、ご自身やご家族を含めた生活設計も立てていきましょう。

そして農業を始めるときには、農地の取得や農機具の購入など、初期投資には多額の資金が必要です。その他にも農作物を育てる肥料代や農薬代、日々の生活資金など、農業に携わるうえでどのような費用がかかるのかを知り、準備しておくことも求められます。
農業経営を安定させ、十分な売上を確保するには運転資金に余裕を持ち、生活レベルに合わせた資金計画を作りましょう。

Q

農業に休みはあるのか?農家の働き方は、どんなもの?

農業は植物などの自然や畜産などの動物を相手にしており、会社員のように土日や祝日がお休みという方は少ないものです。その一方、作物によっては農閑期で長期的なお休みがあり、旅行や家族との時間を大切にされている方が多くいらっしゃいます。また、牛や豚などの世話を毎日する畜産農家でも、皆で協力しながらお休みを取ることで仕事とプライベートの時間を両立しています。

自営業として農業に取り組む場合は、農作物や畜産の販売、マーケティング、運営に必要な農業資材・肥料・農薬の確保など、より多くの仕事をご自身で行わなければなりません。
また、収穫期は特に忙しくなりやすいため、体調管理や休養の確保が難しくなる可能性もあります。

Q

本当に家族が生活していける収入を得られますか?

収入を得るまでの無収入期間は、研修先や農家でのアルバイトと貯蓄を組み合わせながら生活している方もいらっしゃいます。また、独立後は収入が安定するまでに時間がかかるケースが多く、生活に必要な支出を把握しておくことが大切です。
農業の場合は、農林水産省による農業次世代人材投資資金(旧青年就農給付金)、県や市町村の自治体などから、条件付きで就農支援制度を利用できる可能性があります。就農後の安定した経営や生活をめざすためには、販路拡大のマーケティングやセミナーへの出席など、向上心を持って自己研鑽に励むことも重要です。

Q

就農したら地域にどう溶け込めばよいの?

農村社会での生活は、都会に比べると人間関係が濃いと言われております。なぜなら、その集落での暮らしは、住民同士の協力で成り立っているからです。
挨拶などのご近所付き合いはもちろん、農村によっては独特のルールも存在することがあるかもしれません。はじめは戸惑いもあるかもしれませんが、少しずつ慣れていき、皆からの信頼を得られるようにしていきましょう。
あまりプレッシャーを感じるのではなく、同じ集落に住む者として、互いに協力し合う気持ちがあればきっと大丈夫です。

Q

農業をやりたいのですが、何を作ればよいのでしょうか。

就農する地域の気候により、適した作物が異なります。推奨されている作物は、各地域によって数種類程度ありますので、まずはその中から選んでみましょう。また、すでに同じ作物の生産に取り組んでいる農家さんも多くいらっしゃいますので、技術の習得や経営のアドバイスを受けやすい環境にあります。

Q

植物や動物好きなら農業はできるでしょうか?

植物や動物が好きということは、就農に必要な条件の一つかもしれません。しかし、経営として行う「農業」は、高い技術力や多くの専門知識、農機具の操作方法、農作物や畜産物の販売、法律や税金に関する正しい理解も求められるのです。ただ単に作物の栽培や家畜の飼育の事だけを知っていれば良いというものではありません。

Q

女性1人で農業を始めるのは不安です。大丈夫でしょうか?

農業は男性だけの仕事だと思われがちですが、最近では女性で活躍されている農家さんも多くいらっしゃいます。
果物・野菜・花(花卉)の栽培、収穫物を使ったジャムの製造など、女性ならではの感性を存分に発揮するチャンスがあるのも、農業ならではの魅力です。

Q

農業は体力が必要と思いますが、私でも大丈夫でしょうか?

農業は確かに体力が必要な仕事です。はじめは慣れないことも多く、身体的・精神的な大変さもあるかもしれません。それでも、少しずつ農作業に慣れて手順を覚えたり、より効率的な方法を見つけたりできれば、問題なく農業に取り組めるはずです。

ページトップへ戻る